高知・須崎市・塾・学習塾・進学塾・慶太塾 トップページへ
慶太の部屋 釣魚図鑑   〒785-0001 高知県須崎市原町1-5-2  
TEL(FAX)0889-42-1162
 


釣魚図鑑

カワハギ(=チューチューハゲ)

薄作りにして、肝を刺身醤油であえて頬張ると

甘さと旨さがお口いっぱいに広がります

この写真は、「ハゲがハゲを釣る」の図です(笑)
ニセカンランハギ(=アブラハゲ)

私の前HNの「aburahage」の

いわれとなっているお魚さんです

引きはとっても強いです


ヒブダイ(=ヒメバンドウ)の♂

見えているのを狙って釣りました

バンドウと分かっていますので

思いっきり竿をタメると浮いてきました
オヤビッチャ

知る人ぞ知る美味なお魚さん

エサトリの代表格ですが、私はこっそりと

クーラーにしまって持ち帰ります


オキナヒメジ(=メンドリ)

お造りにすると上品なピンク色

甘くて美味しいです

同属にはオジサンと言うそっくりさんがいます
イサキ(=シャクアジ)

魚屋さんやスーパーの鮮魚コーナーにも良く並ぶ

庶民的なお魚さんですが美味の高級魚です

小さな奴でも大事にタモですくいます


ヒブダイ(=ヒメバンドウ)♀

引きは強いですが、水面下に黄色が

すぐに見えますから、ガッカリ度は100%です

煮付けると美味しいです
ギマキ&タカノハダイ(=ヒダリマキ)

身にまとった衣装は華やかでとっても美しいのですが

これらが釣れるとグレはいない・・・

そんな噂が釣り師の間には流布しています


ブダイ(=イガミ)

煮付けや水炊きの具にぴったり

これが釣れると思わずにんまりしてしまいます

引きは弱く簡単に浮いてきます
ギンユゴイ

口がかたくて、ハリを外すのに苦労します

食べたことはありません

尾びれの模様がきれいです


イズスミ(=キツ

引きは強烈で何が来たかと

胸躍りますが姿を見るとがっかり

ハリを外すときに脱糞する憎たらしげなヤツ
トラウツボ

グレの食いが悪く磯際を

深く釣っていると釣れてきます

仕掛けに巻きついて困ります


ナンヨウカイワリ

アジ系のお魚さんですので

美味しくので大切に持ち帰ります

高水温時に釣れる南方系のお魚さんです
コロダイ(=コタイ)

斑点が美しいお魚さんです

引きは強烈で何が来たかとワクワクしますが

ガッカリ度は70〜80%です


イシガキフグ

食べられるそうですが

即座にリリースします

同じヤツが何度も釣れたことがあります
ウスバハギ(=サンポテ)

水面にゆらーっと浮いてきて

エサをかすめとっていきます

私の同類です(笑)


トビウオ

単独釣行(マルサゲ)の際にハリスをつかんで撮影

まさに飛んでいるようですね

向こうに見えるのは水島3番です
ヒラソウダ(=シロス)

引きは強烈、新鮮ならば味も抜群

鮮度良く持ち帰ることが肝心です

お土産が釣れて嬉しそうですね


ソウシハギ

まるで団扇(うちわ)です

ウスバハギや私と同類です

食べてみましたが美味しくありませんでした
ツムブリ

英語名は、Rainbow Runnner (虹の走者)

身はやや軟らかめですが甘くて美味しいお魚さんです

でもヒラマサやシマアジではなくてガッカリ・・・


メジナ(=グレ)&クロホシフエダイ(=モンツキ)

南方系のお魚さんで、めったに釣れません

釣れると大切に持ち帰り煮付けて味わいます

かなり美味しいです
ニザダイ(=サンノジ)

大型になると引きは強烈ですが外道中の外道

姿を見た時のガッカリ度は1000%!

刺身でも煮ても磯臭さが強くて・・・


シマアジ

超高級魚ですので

小っちゃくても釣れると

こぢゃんと嬉しいです
ハタタテダイ

水族館や家庭の水槽で人気の観賞魚

釣り師にとっては、小さなお口でサシエをかじりとる

手強いエサトリです


モンガラカワハギ

鑑賞魚としては価値があり

水族館でも人気者ですが

釣り師にとっては招かざる客です
真鯛

姿良し、引き良し、味良し

三拍子揃った魚の王者です

大型を釣ってみたいです



   

TopPageへ

慶太塾
 
〒785-0001 高知県須崎市市原町1-5-2
TEL(fax)0889-42-1162